Sample Dental Clinic

0123-49-3330  chitose.renkeicenter@gmail.com

介護グランプリ出場者紹介⑧

 千歳市介護予防センター  
 作業療法士 山北 武
  「千歳を日本一介護予防が盛んな街にしたい!」

自己紹介と事業所の紹介

作業療法士の山北武です。
千歳市介護予防センターは、千歳市の一般介護予防事業を千歳市社会福祉協議会が受託し、市内全域で介護予防教室を開催したり、町内会・老人クラブ単位で活動する介護予防サロンの支援を行っています。

現在の事業所に就職した経緯。就職した決め手

元々は、市外の老健に勤めていました。これまでは、市内から職場まで40分程度かけて通っていたので、もうちょっと通勤距離を短くしたいなと思い、市内の職場を探したのがきっかけで応募しました。
決め手は、介護予防に専従で携われることはなかなかないので、関わる事業自体が魅力的だったことです。

現場に入って戸惑ったことや大変だったこと

地域の高齢者がかなりアクティブで元気な方が多いということに驚きました。
「高齢者」=「通所・入所の利用者様・その家族様」という感覚が染みついていたようで、自分が漠然捉えていた高齢者像がかなり偏っていたことに気づかされました。
介護予防センターで勤め始めて3年たちましたが、今では市内のスーパーや病院にいくとほぼ必ず介護予防教室や介護予防サロンの参加者に会うので、うかうか悪いことが出来ないことが一番大変かもしれません(笑)

どのようなスタッフが働いていますか?

介護予防センターには、私の他に社会福祉士、保健師、事務職員が配置されており、計4名の職員が在籍しています。

利用者様と接する上で心掛けていることは?

介護予防は、介護予防に取り組む地域住民が主体的に活動を始め、継続していく事が重要なので、「援助」ではなく「支援」を行うように心がけています。
私達が何らかのサービスを提供するのではなく、地域住民の方々が自主的に活動を始めるのを待ち、活動が始まった時には、活動の質を高めていけるよう助言やお手伝いをするというスタンスを取る事を心がけていますが、これがなかなか難しいです。

仕事をしていてうれしかったことは?

介護予防教室や介護予防サロンに参加して、元気なった。自宅での活動に効果があったなどの話を聞いた時は、頑張っていて良かったなと思います。

休日はどのように過ごしているか?働き始めて私生活で変化したことは?

休日は主に、家族と買い物に行ったり近隣に出かけたりして過ごしていることが多いです。
働き始めて変化したことは、通勤時間が短くなったので、娘の保育園の送り迎えなど家族の為に使える時間が増えたことが一番大きく変わりました。

目標や将来の夢を教えてください。

千歳市を日本一介護予防が盛んなまちに!というのは難しいかもしれませんが、今後全道・全国で、介護予防の先進地区といってもらえるくらい、住民の皆様や他の団体と一緒に介護予防活動を活発にしていくことが目標です!

あなたにとって今の職場は?

病院や施設とはまた違った大変さがありますが、とてもやりがいのある仕事をさせていただいていると思っています。
介護予防を専門に働いているリハビリ専門職は、全国でも少ないので、今までの経験値をフルに生かすだけでなく、勉強を沢山しなければならないなと日々感じています。
今の職場は、自分の専門性を高める場になっているかなと思います。

ちとせの介護医療連携の会の活動に参加させて何か変化はありますか?

元々市外で働いていたので、市内の専門職とはつながりが無い状態でした。介護医療連携の会の活動に参加し、他団体・多職種とのつながりが出来るにつれて、物事の考え方や仕事の幅が広がったように思います。

介護グランプリの意気込みをおねがいします。

私は、他のエントリー者と比べるとレクリエーションを行う機会は少なく、対象者も異なりちょっと特殊な立ち位置かと思いますが、皆さんと違った分野で働いている強みを活かして頑張りたいと思います。

スタッフ募集中

入会のご案内

お問い合わせフォーム

入会のご案内

お問い合わせフォーム

BLOG

スタッフ募集中

LINE@