Sample Dental Clinic

0123-49-3330  chitose.renkeicenter@gmail.com

介護グランプリ出場者紹介⑪

 千代田町リハビリセンター  
 介護福祉士 筒井 翔吾
  「チヨダに来ると元気になる!利用者様の表情に活気!」

自己紹介と千代田町リハビリセンターについて

千代田町リハビリセンターの筒木翔吾と申します。介護福祉士として働いています。千代田町リハビリセンターは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が配置されており、専門職による機能訓練が受けられるデイサービスです。限られた時間ではありますが、入浴のサービスも実施しています。

就職した経緯と、就職の決め手は?

 理学療法士の友人の紹介で就職しました。社長とご飯をご一緒させていただいて、サービスに対する熱意や地域に対する想いに胸を打たれて勤めることになりました。

仕事をしていて戸惑ったことや失敗したことは?

以前は入所施設だったのですが、入所者の入れ替わりはあまり多くなく地域との関わりが少なかったように思います。デイサービスでは常に外に出て利用者様と関わるのでそこが大きな違いでした。入所施設だと利用者様のお住まいでサービスを提供するので利用者様との距離感が近いですが、デイサービスではそのままの距離感で接すると利用者様に引かれる部分があるように感じました。

事業所の雰囲気は?

利用者様の要介護度が軽度な方が多いので、機能訓練に対する意気込みが強く積極的な方が多いです。スタッフもそれに応えようと状況に応じて工夫して、モチベーションを保てるように関わっています。それによってお互いに成長できる環境があると感じます。

利用者様と接する上で意識していることは?

元気そうにしていてもそこには表れない疾患を抱えているケースがあります。そのような方に無理な運動を勧めないように注意したり、言葉遣いには注意して接しています。


働いていて嬉しかったことは?

利用者様の要介護状態が改善されたり、利用者様から「すごく動きやすくなった」など言われた時には、関わりが間違っていなかったと実感して嬉しい気持ちになります。

休日の過ごし方を教えてください。

娘が二人います。娘たちもわたしも球技が苦手なので、一緒にボール遊びなどをしています。また平日は家のことがあまりできないので、休日はお手伝いをしたりしています。DIYが趣味で、ウッドデッキを作ったり、自宅のガレージの整備などをしています。

現在の目標や将来の夢は?

介護支援専門員や社会福祉士の資格を取得することを考えています。将来的には相談援助業務をしたいと考えています。将来は、事業所を任せても大丈夫かな?と思っていただけるようなスタッフになりたいと考えています。

筒井さんにとって千代田町リハビリセンターとは?

子どもですね…にぎやかで活気があることは事実ですが、事業所としては7年くらいしか経過しておらず、まだまだ至らない点が多くあると思います。これから地域の方々からのご意見をいただきながら、どんどん成長しいければと感じています。

地域に出て変化したことは?

地域に出ると利用者様がどのような家に住んでいるか、またその方がどのような生活をしているかを直接見ることで、利用者様がどのようなことで困っているのか理解できとても勉強になりました。
そこは、利用者様とのかかわり方が大きく変わったところです。施設で働いているときより格段に利用者様に係る上での視野が広がりました。

介護グランプリの意気込みをお願いします。

いままで培ってきた介護技術や地域で生活されている利用者様から学んだことを本番で出せるように頑張りたいですね。出るからには優勝目指して頑張りたいと思います。

スタッフ募集中

入会のご案内

お問い合わせフォーム

入会のご案内

お問い合わせフォーム

BLOG

スタッフ募集中

LINE@