Sample Dental Clinic

0123-49-3330  chitose.renkeicenter@gmail.com

介護グランプリ出場者紹介④

 北星病院通所リハビリテーション  
 作業療法士 田中 沙樹
  ”レクっこ”としてレクリエーションを極めて地域に還元したい!

自己紹介と北星病院通所リハビリテーションについて教えてください。

作業療法士の田中沙樹(たなか さき)です。
北星病院通所リハビリテーションは午前・午後、3時間づつに分けてサービス提供しています。
リハビリテーションだけでなく、体操や行事をたくさんしています。
敬老会、ハロウィーン祭り、あじさい祭りなど、季節に応じたイベントを盛りだくさんで実施しています。
また、外出レクに力を入れており、ちとせ水族館や買い物レクリエーションなどをしています。

北星病院に就職した経緯や就職の決め手は?

いろいろな就職先に見学に行きましたが、北星病院はリハビリ室に入ったとたんに、みなさんがとても元気よく「おはようございます!」と挨拶をしてくださり、活気を感じました。
また、実習で回復期リハビリテーションを経験したのも選んだきっかけとなりました。

病院と通所リハビリテーションの違いで戸惑ったことは

個人に対してかけられる時間が限られているので短い時間でどのようなリハビリテーションを実施するか、また家に帰ってからどのように過ごしていただくかを考えることが多くなりました。

どのようなスタッフが働いていて雰囲気はどうですか?

リハビリスタッフは若いスタッフが多く、活気あふれる職場です。
介護職員については、自衛隊を退職してから就職された方も多く、どっしり構えていてとても頼りになります。
またそれぞれユーモアがあるので、スタッフそれぞれのユーモアを引き出しながら利用者様と関わるのが楽しいです。

後輩の指導や教育について

 今年度、通所リハビリテーションに異動になったばかりで、逆に後輩に教えていただくことが多くなっています(笑)利用者様への接し方については病院でご家族や患者様と接する機会が多かったので、そこは教えることができるかなと思っています。

患者様・利用者様と接する上で心掛けていることは?

利用者様個人でキャラクターがあるので、初回の方はとても丁寧に対応させていただいていますがが、利用者様には明るく接した方がよい方、細かいところまでアドバイスを望む方には細かいところを気にして接しています。難しい言葉は使わずに丁寧に説明したり、ご家族にはわかりやすいように書面や電話で報告するようにしています。

休日の過ごし方や私生活について

食べるのが大好きです(笑)よく札幌に行って、食べ歩きしたり、Instagramに出ている美味しそうなお店に行ってみたりして楽しんでいます。
実家も近いので母と出かけることもありますね。
好きな食べ物は定食ですかね…一人暮らしなので、普段家ではあまり作りにくい、手間のかかる食事が楽しめるので…デザート(甘いもの)はパンケーキとかアイスとかも大好きです。

将来の目標や夢を教えてください

仕事に就く前は、こんなにレクリエーションに携わるとは思っていなかったので、勉強会等にも参加して、レクリエーションの凄さとか利用者様の反応の良さを見て、もう少研鑽を積んで本格的に提供できるようになればと考えています。
レクリエーションを取り扱う文献(データ分析されたもの)などがあまりないので、そのようなことを発表できればと考えています。

田中さんにとっての北星病院とは?

修行の場”ですかね(笑)就職して社会人としての基礎を教えていただいたので。
みんな向上心があるので「私も頑張らなきゃ!」と前向きになれます!

介護グランプリで吸収したいことは?

北星病院の通所リハビリテーションしか見たことがないので、他の事業所で利用者様はどのように過ごされているのか、レクリエーションで工夫していることはどのようなことなのか等を自分の目で見て勉強させていただきたいです。

介護グランプリの意気込みをお願いします!

介護グランプリがあることは知っていましたが、今回レクリエーションで参加させていただくことになりました。
負けず嫌いなので、出るからには優勝します!

スタッフ募集中

入会のご案内

お問い合わせフォーム

入会のご案内

お問い合わせフォーム

BLOG

スタッフ募集中

LINE@