口腔ケア

2020年5月6日

・現状口腔に関わる部分ではリスクが高い。

・義歯洗浄やうがい程度の最低限の対応でしのぐしかない状況。

・ポリデントの除菌効果がコロナウイルスに対しての有効かは不明。

・介助時の飛沫や唾液付着したものを、流水洗浄するときの飛散が危険。
(ガーグルベースや洗面器水の中で洗浄するなど、しぶきが飛び散らないように実施する工夫が必要。ゆすぐなどすれば問題ない。)
※ こちらについて、川端デンタルオフィス 川端秀治先生より情報提供あり。
下記をご参照ください。

・実施するときは、目の保護・手袋・マスクを着用し、水の跳ね返りにも注意

 

ーーーー以下

川端デンタルオフィス
歯科医師 川端 秀治 先生より情報提供

・介助時の唾液付着物の除菌につきましては、1.0%濃度の次亜塩素酸ナトリウム水溶液を洗面器などに作り、そこに浸漬してください。
【注意】
溶液は浸漬物が多くなれば効果は落ちますし、空気中への自然放散により有効濃度が落ちることも想定されます。
→ 空気中への放散を防止するなら蓋付きの容器を利用されると良いと思います。
→ 浸漬物が多いなら、洗浄するものの量に応じた新たな水溶液への交換が必要になります。
※ 消毒用アルコールが入手しにくい現状において、ハイターなど(次亜塩素酸ナトリウム水溶液に必要な物品)はコンビニやスーパーマーケットで購入することができるため。

・新型コロナウイルスは芽胞菌ほど消毒効果のある薬剤に対する生存率が高くないと考えますので、義歯洗浄に対してはクエン酸等の酸が含まれた商品(大半は含まれているはずですが、濃度はバラツキあると思います)であれば使用出来ると思います。
・酵素による分解性分を含んでいるものもあるのでタンパク質を除去してから除菌効果をタンパク質除去と洗浄効果を合わせている商品はより安心して使用できるものと思います。
【注意】
他人の使用したものと一緒に洗浄しないこと。
→ 万が一本人が感染していても本人の使っていた義歯をまた本人が使うのですから「感染」は関係ありません。感染していないヒトに新たに感染させるのが問題になる。

・口腔内から義歯を外した手(唾液などが付着した手)の取扱いの方。
〇 あちこち触る可能性あるので。ここは、義歯に触れる際(口腔内に手を入れる際の注意)に必ず手袋をする事。
〇 感染した可能性が少しでもある手袋はすぐに処分することを徹底する。
【手袋を交換できるほど在庫がない場合】
→ 手洗いが必要です。消毒用アルコールがあれば使い易くて良いでしょうがそれも限りがあるでしょう。
手洗いが重要で、義歯に触れるなら、食事介助でグローブ装着難しいなら、1日に何度も手を洗う必要があります。
入居者が問題なのでは無く、自由に動ける介助者が感染媒体にならないようにする事が一番大変で重要。

医院向けの義歯洗浄剤
※ 上記商品は2%次亜塩素酸ナトリウム水溶液ですが、使用時は倍に薄めることを前提となっている。

【浸漬法による注意】
→ 義歯表面に固形物などの付着物がある場合、その下の菌、ウイルスには薬液が触れないので、浸漬後も生存している可能性が有ること。
ブラシで擦って取り除く必要がある。
その場合は次亜塩素酸ナトリウム水溶液の中で擦らないと空中に飛散してしまう。

・義歯の着脱は使用者本人にできるだけおこなってもらう。
→ そうすることで介助者の手は汚染されず、手袋の交換や手洗いの頻度を抑えられる。

・外した義歯は1%濃度次亜塩素酸ナトリウム水溶液を入れたジップロック
(Sサイズくらいで義歯は入ると思いますが、2床(※床:義歯を数える単位)あるならMサイズ。ビニール状のもので可。義歯使用者の名前を書いておく。その方専用の容器とする)
に外した義歯を本人の手で入れてもらい、すぐジップする。
液漏れしていないのを確認して、このまま袋を袋ごと軽く揺すれば安全に多くの菌を除菌できる。
不十分なら次亜水を新しいのに交換して再度口をしっかり締めて袋ごと揺するか、軽く義歯をもむようにすると良い。
※ くれぐれも袋が破けないように金属線を使用した部分床義歯については注意して取り扱って下さい。
※ ジップロックは何度も使用してもらってOKです。
※ ジップロックだけ次亜塩素酸ナトリウム水溶液に漬けて消毒後、水洗して乾燥させておけば次も使えます。