Sample Dental Clinic

0123-49-3330  chitose.renkeicenter@gmail.com

介護グランプリ出場者紹介②

 千代田町リハビリセンター  
 作業療法士 藤本 侑也
  「チヨダに来ると元気になる!利用者様の表情に活気!」

千代田町リハビリセンターに就職した経緯は?また就職を決意した決め手は?

千代田町リハビリセンターに就職する前は、市内の医療機関で5年間作業療法士として勤めていました。
その当時の上司が現在の会社の社長です。
地域に出て作業療法士としての「職域」「考え」「価値」をひとつのコミュニティだけでなく地域に出て広げていく考えに魅力を持ち転職しました。

現場に入って戸惑ったことや大変だったことは?

医学的な情報や画像所見等、正確な情報が少ない中で、いかにリスクを管理し関わっていくかということに関してははじめも今も戸惑うことはあります。
仕事の体感速度がものすごく速く仕事が度々追いつかないことが大変です。

千代田町リハビリセンターにはどのようなスタッフが働いていますか?

一般的な通所介護事業所と職種は変わりません。
ただし、リハビリテーションスタッフが6名と一般的な通所介護事業所より多く配置しています。
またスタッフの年齢層は若くエネルギッシュなスタッフが多いです。

仕事をしていて嬉しかったことは?

「チヨダに来ると元気になる!」
「一人で〇〇できるようになった!」
「今度〇〇してみたい!」

と利用者様の表情に活気が出てきてポジティブな話をしているとき。

利用者様と接する上で心掛けていることは?

距離感と温度差です。
自立支援をしていく上で利用者様に対し、距離を詰めすぎて何でも与え続けてしまうと”依存”という自主性を阻害してしまう大きな問題が出てきます。
遠すぎると支援したくてもラポールの形成に時間がかかりすぎたり又は通所が終了してしまうといったことになる場合もあります。「適度な距離と温度」を係る上で大切にしています。

休日はどのように過ごしていますか?

夫婦共働きで休みがなかなか合わないので、休日は子どもと過ごすことが多いです。家族が揃ったときは家族サービスをしています。

目標や将来の夢は?

目標:利用者様やスタッフがポジティブな考えを持って通える、働ける事業所を形づくること。
将来の夢:スローライフをすることです。(笑)

あなたにとって今の職場は?

ものすごく考えることが多くてものすごくやることが多い大変な職場です。
その分、自分の考えや業務に責任と自信を持つことができるようになりました。
社会人、作業療法士としてのステージを高めてくれる職場でもあります。

ちとせの介護医療連携の会の活動に参加して何か変化はありましたか?

今まではあまり活動に参加できていませんでした。
これをきっかけに今後参加していくことが楽しみで、大きな変化があることに期待したいです。

介護グランプリの意気込み!

 今年、初参戦です。
ひとつでも多くのことを吸収して刺激を受けて介護業務向上につながれば嬉しく思います。ぜひ、優勝を目指して頑張りたいです!

スタッフ募集中

入会のご案内

お問い合わせフォーム

入会のご案内

お問い合わせフォーム

BLOG

スタッフ募集中

LINE@