わかばの会研修会の報告

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。

本日は、わかば研修会の実施報告をいたします。

11月22日(木)18:30~

千歳病院 臨床心理士 浦田昇龍先生をお招きして

『ストレスマネジメント』をテーマに講演いただきました。

研修の序盤で参加者に1日でいらっとする回数はどれくらいかという質問があり、

0回は1人のみで6回以上までの間に全員が手を挙げていました。

その怒りを感じた時にストレスを感じやすいようです。

浦田先生によると

「人間にとって“怒り”は自然な感情の1つであり、ない人はおらず一生涯付き合っていくものであるため、自分のタイプ・クセを理解して自分の行動をコントロールしていくことが大切であると」レクチャーを受けました。

【アンケートより】

・非常に分かりやすい内容でした

・とても勉強になった。周りの人にも教えてあげたいと思った。

・病院と合わせて2回目でしたが、とてもスッキリできました

・「自分を知る」きっかけになったのと、怒っている人に対する付き合い方を学べました

・ストレスを溜めやすい性格なのでもっと知っていきたいと思った

・とてもおもしろくわかりやすく良かった

・リラックスした状態を知ることができて良かったと思います。

・「仕方ない」と思うようにしています。一次感情があふれ出てしまわないようにコントロール

していきたいと思いました

・聴きやすく わかりやすく 楽しく 勉強することができました

・さすが浦田先生です。とても勉強になりました

・リラックスできて良かったです。ドラゴンボールポーズききました

・映像など使われていて非常にわかりやすかったです。初めて自律訓練法を経験して、

すごく気持ちがスッキリしました。

・実際に経験する時間があったのは良かったです

・座学も実習も楽しかったです

・おもしろかったです。自律訓練法でおちました

・怒りなど自分の内側に目を向けられる研修ですてきでした

ストレスを感じた際に行うリラクゼーション法の体験もありました。

千歳で働く若手医療・介護従事者の心が健康になるきっかけになったとようです。
浦田先生ありがとうございました。