『フィジカルアセスメント』サロンプログラムのご案内

いつもお世話になっております。
千歳市在宅介護連携支援センターです。

今年度最初ののサロンプログラムご案内です。
ちとせの介護医療連携の会会長で
医療法人社団古泉循環器内科クリニック 理事長/院長
古泉圭透先生に一肌脱いでいただきます!

テーマは『フィジカルアセスメント』

「フィジカルアセスメント」とは、問診・視診・触診・聴診・打診などの身体的診査技術を通して、
実際に利用者(患者)様の身体に触れながら、
「生きている証の機能評価(バイタルサイン〈呼吸器/循環器〉など)」と
「生きていくための機能評価(運動器/感覚器/認知機能)」をアセスメントして、
症状の把握や異常の早期発見を行うことです。

施設や高齢者住宅、介護保険事業所で働く介護スタッフは、
この知識を活かし、利用者(患者)さまの特変事項を的確に把握し、医療的なアプローチに繋げていかなければなりません。
もちろん、医療機関の医療スタッフ等、高齢者や障がい者と関わるスタッフにおいても
大変重要な視点となっています。

今回、古泉先生は、「一人で不安な夜勤にも安心して働ける」
という観点から、介護や医療、福祉に係るスタッフ誰にでもわかりやすく解説いただきます。

必ず業務に役立つサロンプログラムとなっておりますので、奮ってご参加ください。

お申込書ダウンロード